家族のための資産運用

北都銀行の様々な商品

北都銀行の投資信託

一昔前に比べて初心者向けのサービスが充実し、新規の利用者が増えているのが投資信託などの投資商品です。投資信託とは利用者にファンドを売ることで資金を集め、実際の運用はプロがおこなって利益を分配する投資商品です。以前は証券会社で利用するのが一般的でしたが、今は銀行など多くの金融機関で気軽に利用できます。北都銀行でもインターネット投資信託やNISAを扱っていて、資産運用のために利用する人が多いです。

北都銀行のインターネット投資信託のメリットは、パソコンでリアルタイムに取引できることです。長期運用の場合はともかく、投資商品は取引のタイミングによって利益に差が生じることがあるため、インターネットバンキングですぐに取引ができるほうが便利なのです。もっとも初めての場合は毎月定額ずつファンドを購入する積立投信がオススメです。毎月少額ずつ投資するほうがリスクを軽減できますし、投資は長期保有のほうが短期保有より成功しやすいのです。

インターネット投資信託にはデメリットもあります。たとえば北都銀行だとパソコンでしか取引できないのです。スマートフォンなどのタブレット端末や携帯電話で取引できる金融機関もあるため、出先で取引したい場合には不向きと言わざるを得ません。さらに普通銀行では多々あることですが、口座開設の申込み手続きが少々面倒です。申込み受付自体はインターネットからできますが、必要書類の送付などに数日かかるため申込みから利用開始まで一週間以上かかります。

また証券会社に比べるとファンドの種類や数が少ないため、取引に慣れると物足りなくなる可能性もあります。ローンや保険に比べると知識のある行員が少ないのも不安要素です。自力で投資信託の情報を得るためには、投資信託説明書(交付目論見書)や運用報告書に目を通すといいでしょう。どれも昔に比べて読みやすくなっていると評判です。