家族のための資産運用

資産と元本保証

元本保証とは

金融関連の用語に元本保証という言葉があります。定期預金や債券の購入などで耳にしたことがある人も多いことでしょう。元本保証とは定期預金などで元本(元となるお金)が一切減らないことを保証することです。また債券などを購入した際、満期時に元本が減らないまま支払われることを保証するという意味でもあります。

元本保証の制度がある金融商品は預貯金や国債などの債券、保険などがあります。たとえば定期預金を期間内に中途解約した場合、利息は当初のものよりも低くなりますが、元々口座に預けていた預金(元本)は変わらずに戻ってきます。これを元本保証といいます。債券なども、利息が変化することはあっても購入した際の額が変わることはありません。

このように必ず一定の金銭が保護されるのが元本保証ですが、まれに保証がなりたたないことがあります。それはたとえば銀行などの金融機関が経営破たんしたときで、まれではありますが絶対にないとは言い切れません。銀行が経営破たんすると口座からお金が下ろせなくなり、徐々に預けた資金が返ってきますが、元本割れすることがほとんどです。

元本保証は様々な資産運用に活用することができます。たとえば仕組預金など長期の定期預金であれば、元本の心配をせずに利息を利益として受け取ることができます。投資でも同じです。元本が保証されているからこそ、よりハイリスクな投資が可能になるのです。そのため元本保証されている投資方法はとても人気があります。

参照できる外部サイト:
仕組預金 - 商品概要|住信SBIネット銀行