家族のための資産運用

資産と元本保証

資産運用と元本保証

元本保証はその安全性の高さから、資産運用に活用されることが多いです。資産運用とは基本的に自分の資産を元手に利息などで利益を上げることで、そのため元本が保証されることで確実に利益を増やしていけるためです。しかし前述のように元本保証商品での利益は微々たるものなので、大きな利益を伴う資産運用はできません。

元本保証商品を使っての資産運用は、基本的に資産の確実な保管です。たとえば資産を預金以外で保有しようと思うと、債券や保険くらいしか確実なものがありません。とくにペイオフ解禁されてからその傾向が顕著になり、預金額が合計1000万円を上回りそうになると、債券などで合計金額を抑えようとする人が増えています。

つまり元本保証商品を預貯金と同じような感覚で利用するのです。資産を現金で保有せずに債券などにして保有することは、資産の安全な保護というだけでなく利息も手に入るというメリットもあるため、長期間の保有のために元本保証商品を活用する人が多いです。元本確保型商品は投資信託などに限られるため、元本保証商品よりも利用する人が少ない傾向にあります。

しかし資産を債券などに換えて保有すると中途解約のリスクがあるため、当然好まない人もいます。中途解約で違約金を支払ったり利息が減るよりは、普通預金で拘束のない保有をしようというのです。しかし普通預金の場合束縛はないですが、金利が低いというデメリットがあるため、金利と自由とどちらを優先するかによって選択が変わるようです。