家族のための資産運用

資産と元本保証

投資と元本保証

投資を行う際にも元本保証は重要な意味を持ちます。元本が保証された商品のほうが当然利益が上がるからです。しかし元本保証もしくは元本確保の投資商品は債権と投資信託くらいしかありません。そのため資産の大半はこれらの安全な投資に費やし、残り少数の資産はリスクの大きい投資に回すというやり方があります。

つまり元本確保型商品と同じ構造というわけです。資産の90パーセントは債権や投資信託にして、10パーセントは株式投資やFX、信用取引などを行うというやり方です。もちろん利息だけで10パーセント分を埋めるのは大変ですが。これらのハイリスクの投資よりもいくらかリスクの低い不動産投資信託やスワップ金利を利用するという方法もあります。

このように分散して投資を行う際、積極的に投資に回す分の資産を多くしすぎてしまうというトラブルが後を絶ちません。投資はうまくいけば大きな利益を手にするため、どうしても利益に目がくらんで資産をつぎこみすぎてしまうのです。そのため投資を行う前に資産の多くを債権など元本保証商品に換えておいてから残りの資産を投資に回すと、リスクを少なく抑えることができます。

投資を行う際の元本保証商品の役立ち方が分かったでしょうか。元本保証は滑り止めのような役柄でも利用できるのです。元本保証商品は満期まで確実に資金を保有しておけるだけでなく、確実に利息を稼ぐことができるため、二つのメリットをうまく利用することによって色々な目的のために使えるのです。