家族のための資産運用

優遇サービスが充実している鳥取信用金庫

鳥取信用金庫の定期預金

鳥取信用金庫の普通預金や定期積金で貯めた余裕資金は、定期預金で資産運用するとお得です。定期預金は契約時に預入期間を設定するため、満期日まで払い戻しできないというデメリットがありますが、その分店頭表示金利が高いため利息をたくさん受け取れるのです。また多くの金融機関は不定期開催の特別金利キャンペーンでしか金利優遇サービスを提供しませんが、鳥取信用金庫は普段から金利優遇サービス付きの定期預金を提供しているのも特徴です。

鳥取信用金庫ではシニア向けの金利優遇サービス付き定期預金を積極的に提供しています。たとえば退職金定期預金は、退職金を受け取った個人利用者が退職金を資産運用するための定期預金です。スーパー定期の店頭表示金利に上乗せ金利がプラスされた適用金利で運用することができ、退職金の効果的な資産運用が可能です。その代わり退職金の受取日から1年以内でないと申込めず、口座開設の際には退職金であることを確認できる資料が必要となるなど、独自の利用条件があります。そのため利用条件を満たせない場合は、退職金を受け取っていても申込めなくなってしまいます。

ゆう・愛定期預金は、鳥取信用金庫でマル優資格対象の年金や手当を受給している個人利用者のための金利優遇サービス付き定期預金です。マル優資格対象とは障害年金や遺族年金、児童扶養手当などで、これらのうち一つでも受給していると、ゆう・愛定期預金を申込むことができます。ゆう・愛定期預金は通常の定期預金よりも高金利で利息が多い上に、マル優独自の特権によって利息が非課税になるため、利息が目減りしないというメリットもあります。

上記の金利優遇サービス付き定期預金の利用条件を満たせない場合は、据置複利定期預金がオススメです。据置複利定期預金は金利優遇サービスこそありませんが、半年複利という効率的な形式で利息が計算されるというメリットがあります。半年複利は半年ごとに利息を元金に加えるため、受け取る利息が少しずつ増えるのです。そのため長期間預けることで多くの利息を受け取ることができます。半年の据置期間を過ぎると預金を引き出せるようになるため、長期間預金を引き出せないことに不安を感じる利用者にも最適です。